防音カーテン

防音オーダーカーテンのおすすめ製品や、新居に付けるメリット・デメリット、価格、選び方のポイントなどお伝えしています。

防音カーテンのメリットや選び方をチェック!

家の中でも最も音が漏れやすい窓に付ける防音カーテンは、音漏れ防止には大きな効果があります。生地には吸音効果のある特殊な織り方や、チタンなどのコーティングが施されていて、とくに高音域の減音に効果的。部屋の構造によっては最大50~80%の減音効果が得られると言われています。

防音カーテンのメリット

  • カーテンを閉めるだけである程度の防音ができる
  • 近隣の目を気にせず、楽器が弾きやすい
  • ピアノや女性の声、子犬の鳴き声などの高音にとくに効果的
  • 生地が何層にも加工されているため、断熱や冷暖房効率アップの効果もあり

防音カーテンのデメリット

  • 通常のカーテンよりやや価格が高い
  • 昼間はわざわざカーテンを閉めないと効果が得られない

防音オーダーカーテンの通販価格相場

ドレープカーテン(100x178cm・2枚)8,000~50,000円程度

こんな使い方がおすすめ!

  • 赤ちゃんの夜泣きや楽器を弾く際の防音対策に
  • リビングに付けて近所への音漏れ防止&エアコンの効率もアップ
  • 幹線道路や線路沿いのお家で、外からの騒音を防ぐ
  • 毎日はしゃぎまわっている子供たちの部屋に

防音カーテン選びのポイント

防音カーテンは、カーテンの付け方によっても効果が変わってきます。しっかりと吸音させるには、窓とのすき間をできる限りなくしてカーテンでぴたりと窓を覆うようにするのがポイント。カーテンのサイズ選びはより慎重に行なって、防音効果を上げるならカーテンボックスを使うのがベストです。

音の感じ方は人によってもさまざまなので、防音カーテンを付けたからといって必ずしも防音できるとは限らないもの。楽器を弾く時間帯など、最低限のルールは守りましょうね。

防音機能付きのオーダーカーテンってどんなものがあるの?

オーダーカーテンは、楽器の音や生活音を吸収してくれる防音タイプのカーテンも選ぶことができます。どんな製品があるか、さっそく見ていきましょう。

減音率最大70%?!話題の高性能防音カーテン

人気防音カーテンShizukaの特徴&画像
画像引用元:くれない公式HP
http://www.e-kurenai.com/fs/curtain/c/shizuka

雑誌でも紹介されている話題の防音オーダーカーテンがShizukaシリーズです。二重織りの生地にアルミ、酸化チタンの三層コーティングがされていて、生活音や楽器の防音・断熱・省エネ・完全遮光の機能も付いています。防音性能はとくに優れていて、ピアノの音なら70%もの軽減効果があるのだとか。レースカーテンも同シリーズで揃えれば、新居の防音対策はばっちりかもしれません。

 

リビングに欲しい高級感漂うシャンタン生地の遮音カーテン

防音機能付きのおすすめオーダーカーテン画像
画像引用元:クーカン公式HP
http://www.cucannetshop.jp/
fs/cucan/noche-100_135

見た目の美しさにこだわりたい方には、無地カーテンの中でもひときわ美しいシャンタン生地を使ったこちらの遮音カーテンがおすすめ。生地裏面にはアクリルコーティングが施されており、一般的なカーテンよりも生地重量を重くすることで、音を反射させ遮音性をアップ。さらに、空気の流れを遮断するため、エアコンの効率アップにも。遮光性もあるので、寝室・リビングにもぴったりです。こんなオシャレな遮音カーテンなら新生活も快適に過ごせそうですね。

 

ポップな柄の防音カーテンなら子供部屋にもぴったり

子供部屋におすすめの防音カーテン
画像引用元:ニトリ公式HP
https://www.nitori-net.jp/
store/ja/ec/オーダードレープカーテン フラット/7302279-1s

お子さんの部屋には、こんな可愛らしい柄入りの防音カーテンも良いですね。こちらも生地に遮音加工が施されているので、お友達とはしゃいだり、ピアノの練習をする際にも安心です。白だと汚れる可能性がありますが、洗濯機で丸洗いできる生地なら大丈夫。形状記憶加工にも対応しているので、洗濯後もアイロンなしで便利に使えます。

 

ページTOPへ