サイズが合わない

オーダーカーテンの寸法に関する失敗談や、事前に予防するための正しい採寸方法、ショップ選びのポイントをまとめました。

寸法が合わない?!オーダーカーテンで最も多い失敗例

オーダーカーテンの注文で、最も多いのがサイズに関する失敗です。通販でカーテンをオーダーした方たちの中では、こんな声があります。

Aさん:「窓の寸法をしっかり測ったのに、付けてみたら幅が足りなかった。」
Bさん:「腰窓のカーテンの丈が何だか不自然。」
Cさん:「サイズは良いのに、カーテンレールが見えてカッコ悪い」

自分で採寸して選んだだけに、失敗をしても誰にも文句を言えないのが辛いところですよね。オーダーカーテンの採寸は、基本的に自分で行わなければいけないので、一番ミスしやすい項目でもあります。

せっかくのカーテンを台無しにしないためにも、サイズを測るときは以下のポイントに注意しましょう。

オーダーカーテン採寸のポイント

その1:カーテンの幅は、窓の幅ではなくレールの幅(両端の固定ランナーの間)をはかる

Aさんの例にもあるように、初心者がしがちなミスが窓の幅を測ってしまうこと。カーテンを付けるのは窓ではなくカーテンレールで、レールは窓の長さより少し長めに作られています。カーテンの幅を決める際は、カーテンレールの両端にある固定ランナーを見つけて、必ずその間の長さを測るようにします。

その2:丈は窓の種類に合わせてそれぞれ適した長さに設定

同じくカーテンの丈も、窓ではなく、固定ランナーの穴の下から測りはじめます。よりキレイに見せるには、窓の種類によって適切な長さに設定することが大切。床まである一般的な掃き出し窓や出窓の場合は、床下、天板までの長さより-1、2cmの丈をオーダーします。Bさんのような腰窓の場合は、窓枠下までの長さに+15~20cmのゆとりを持たせると、キレイに付けられます。

その3:フックの選び方にも注意

Cさんのようにカーテンレールが目立ってしまう場合、フックの選び方にミスが合ったのかもしれません。オーダーカーテンの製作では、Aフック、Bフックの2種類からカーテンフックも選べます。基本的には通常の棒状のカーテンレールでは、外からレールが見えないように付けられるBフックを、カーテンボックスや装飾レールではAフックが良いと言われています。

プロのサポートが受けられるショップなら安心!

カーテンのサイズに関するトラブルを解決するには、プロのサポートを受けるのが最も安心な方法です。通販でも実店舗を持つ人気ショップなどでは、実際に販売経験のあるスタッフがサイズの計り方から生地選びまで、丁寧にレクチャーしてくれます。

付ける生地によって最適なフックなども教えてくれるので、カーテンの完成度もアップすることは間違いなし。まずはそういったショップを見つけて、気軽にメールや電話で問い合わせをしてみてください。

ページTOPへ