HOME » カーテンの選び方ガイド » 機能性を確認

機能性を確認

遮光、防音、防炎など、人気の高い代表的な4つの機能性カーテンの特徴や効果をお伝えしています。

オーダー前にチェックしよう!機能性カーテンの特徴

定番の遮光カーテンをはじめ、最近は防音、防炎などのさまざまな機能性カーテンが販売されています。人によっては朝の光を遮断したかったり、楽器の音漏れが気になったり、マンションの高層階に住む場合なども、それぞれに適したカーテンを選ぶことができるんです。

ここでは代表的な機能性カーテンの特徴をまとめたので、皆さんのライフスタイルに合いそうな1枚を探してみて下さい♪

遮光カーテン

リビングやベッドルームの定番とも言えるのが、遮光カーテンですね。通常の生地に太陽光を遮断する裏地を付けることで、外の光をある程度遮断することができます。寝室が暗く保てるので快眠できたり、朝日や西日をカットする、室内の明かりや人影を外から見えないようにする効果も。遮光レベルによって1~3級まであり、欲しい光の強さでも適した生地を選ぶことができます。

防炎カーテン

万が一火が付いた際に、溶けて着火しにくい、燃え広がりにくい効果があります。一般の家庭ではそんなに重視することはないかもしれませんが、31m越えの高層マンションに住む場合は、1階でも防炎カーテンを付けるよう消防法で定められています。また、タバコを吸うご家庭や、キッチンにもあれば安心ですね。素材は、燃えにくいポリエステルで作られているものや、通常の生地に防炎加工が施されたものなどがあります。

防音カーテン

楽器を演奏する人や、ペットを買っている人から人気を集めるのが防音機能付きのカーテン。吸音効果のある特殊な織り方や、チタンなどのコーティングを施すことで、とくに高音域の減音に効果があります。生地や部屋の構造によっては、最大50~80%の減音効果が出ることも。防音以外に、断熱効果も高く、エアコンの効きをアップさせるにも良いそうです。

ミラーレースカーテン

光沢のある糸を使用したレースカーテンのことで、室内からは見えやすく、外からは見えにくいミラー効果を持つのが特徴です。日中リビングでくつろいだり、家をちょっと開ける際にも、これさえあれば防犯対策も安心。見た目も美しく、断熱効果、紫外線カット率も高いなど、カーテンとしての機能も優秀な1枚です。

その他にもあると便利なカーテンの機能

機能性カーテンを選ぶほかにも、オーダーカーテンでは、オプション加工や生地の種類によっても使い勝手の良いカーテンを作ることができますよ。

  • ウォッシャブル:家庭用洗濯機で洗える生地。カーテンはたまに洗濯すると水が真っ黒になるほど汚れていたりするので、自宅で洗えるものが理想的。
  • 形状記憶加工:吊るすだけで常に美しいドレープを保ってくれる。洗濯後にアイロン掛けがいらないのがとっても便利。
  • 2倍ヒダ加工:仕上がり幅の2倍の生地で作るドレープカーテン。より高級感が出るので、オーダーカーテンでは定番とも言える人気の加工。

ページTOPへ