HOME » カーテンの基礎知識 » キレイに見えるドレープ・ヒダ

キレイに見えるドレープ・ヒダ

オーダーカーテンで選べるヒダ(ドレープ)の主な種類、カーテンの吊り方、おすすめの選び方などまとめました。

オーダーカーテンのヒダの種類と選び方

オーダーカーテンをより美しく仕上げるために着目したいのが、ドレープです。カーテンのドレープは、窓の幅より広い生地を使っていくつかのヒダを取って作っていきます。このヒダの作り方で、同じ柄のカーテンでもより豪華に見せたり、好みの雰囲気にすることができるんですよ。

主にオーダーカーテンでは、次のスタイルから選ぶことができます。

3つ山2倍ヒダ(or2.5倍ヒダ)

オーダーカーテンの定番とも言えるのが2倍ヒダ。2倍ヒダで作りたいがためにオーダーカーテンを選ぶ人もいるくらいで、窓の幅に対して約2~2.5倍もの生地を贅沢に使って各ヒダ山は3つで作っていきます。ドレープの間隔は10~12センチほど。ドレープが深くゆったり見えるので、より高級感があって上質な雰囲気になります。

【おすすめの生地】
リビングの無地カーテンにはとくに一押し。その他にドレープ、レース、生地の種類問わずにカーテンの美しさをアップしてくれる。

2つ山1.5倍ヒダ

既製カーテンに多いのが、1.5倍の生地でヒダ山が2つのタイプ。ドレープの間隔が15cm前後と広くなるので、カーテンの柄がキレイに見えるのがメリットです。ドレープのゆったり感はなく、高級感は出ないですが、すっきりした印象に仕上がります。

【おすすめの生地】
カーテン1枚でひとつのデザインになっているようなものなど、柄を生かしたい生地に。ドレープ、レースともに不向きな生地はない。

ギャザーヒダ(2.5倍程度のヒダ)

布をぎゅっと絞ったような細かなギャザーが特徴で、クラシックやカントリー調のレースカーテンなどによく見られます。ボリューム感があるうえに繊細な印象もあって、エレガントかつ可愛く見えるのが魅力。カーテンによっては、窓幅の2.5~3倍の生地を使うので価格はやや高め。

【おすすめの生地】
薄手のドレープ、プリント、レース、ボイルなど。腰窓のレースカーテンにはとくにおすすめ。厚手の生地には向かない。

プレーン・フラット

最近人気を集めているのが、あえてヒダを取らないフラットスタイル。カーテンを閉めたときにデザインが美しく見えるので、北欧系のカーテンなどによく見られます。生地の使用量が窓幅の1.3倍程度で済むので、価格が抑えられるのもうれしいところ。

【おすすめの生地】
色柄がハッキリしたドレープやプリント、カーテン1枚でひとつのデザインになっている北欧の生地など。

タブ&ハトメ(1.3倍程度のヒダ)

プレーンと同じくヒダを取らないスタイルで、装飾レールに付けるタイプのもの。タブと呼ばれるカーテンと同生地で作ったテープで吊るすものと、ハトメで穴を開けるものの2種類があります。タブはカジュアルやカントリー風に、ハトメは金属を使うのでモダンな印象に仕上がります。

【おすすめの生地】
ドレープやプリントなど。ハトメはレースでも作成可能。個性が強いので、どちらかというとリビングより個室や寝室に人気。

ページTOPへ