HOME » カーテンの基礎知識 » 部屋に合わせたカーテンの選び方

部屋に合わせたカーテンの選び方

オーダーカーテンの選び方は、部屋の種類に応じて変わってきますし、カーテンの機能なども考慮する必要があります。

カーテンは、色や柄だけでなく、生地や縫製法の特徴なども考えに入れて検討すると、基本的なことで失敗することが少なくなります。だからと言って、専門的なことを詳しく知っている必要はなく、少しばかりの要点を間違わずに覚えておくだけで、失敗のない最適の判断ができるようになります。

ここでは、その最小限のポイントだけを解説します。

寝室に合うカーテンの選び方

寝室

寝室に適したオーダーカーテンは、暗幕の機能を持ったものが第一に挙げられます。暗幕と言っても、光を全く通さないものから、朝の光を感じられる程度のものまであります。

暗幕には、黒糸を内部に織り込んで遮光効果を持たせたものと、裏面を樹脂加工して遮光効果を持たせたものがあります。遮光効果の高いものを選ぶ場合は、裏面が樹脂加工された生地をお薦めします。一方で、カーテン越しに外の光を感じられる程度を希望される場合は、黒糸を織り込んだ生地をお薦めします。

また、暗幕効果のあるカーテンとしては、ドレープ性(ゆったりとしたヒダ)があるものでも代用出来ます。通常の2倍以上のヒダが出来るようにゆったり感を出すことで、光を遮る事ができます。ヒダの分、生地の使用量が多くなり、多少割高になりますが、ヒダの部分が光を遮るため効果が高まります。

リビングに合うカーテンの選び方

リビング

リビングに合うオーダーカーテンとしては、普段の生活空間になりますので、実用性を重視したシンプルなものにすることが多いですが、装飾性を重視してスタイルカーテンにすることもあります。

実用性重視か装飾性重視かは、どのような使い方を想定した部屋造りにしているかで、方向性も概ね決まります。スタイルカーテンを選ぶ場合、レースが開け閉めのできない固定吊りのものが多く、光や視線の調整は、一般的にドレープカーテン(厚手カーテン)によって行ないます。

スタイルカーテンは、レースだけのものや、レースとドレープカーテンとがセットになったものや、その他様々なタイプがあり、見た目は確かに美しいのですが、開け閉めの難しいものなども含まれ、使い勝手を詳しく聞いておく必要があります。

ショールームで実物サンプルを確認できるようでしたら、できるだけ見ておいた方が良いでしょう。見本帳などの写真では、開け閉めの使い勝手などが分かりにくい場合があります。

子供部屋に合うカーテンの選び方

子供部屋

子供部屋のオーダーカーテンでは、色や柄を中心に考えることが多いでしょう。子供向きの柄となると、プリント柄のカーテンが有力な候補になります。

プリントカーテンは、表面が平らな平織りの木綿を素材にしたものが多いのが特徴で、大胆で多彩な柄のものがあります。プリントでなく化学繊維による織柄のカーテンでも、小紋を散らした模様の可愛らしいものが各種あります。

子供の成長の速さも考慮すれば、具象的な大柄の模様よりも、抽象的な小紋を散らした模様の方が無難です。子供の年齢は、カーテンをオーダーする時の年齢だけでなく、その後に急速に成長することも考えれば、ある程度広い年齢幅で使える色柄を選ぶ事も必要です。

それが、子供部屋のカーテンを選ぶ上で、最も基本となる注意点です。目安としては、10年後も使える色や図柄であれば、後悔することもないでしょう。流行のキャラクターものは、すぐに流行遅れになりますし、長く使えるものではありません。

和室に合うカーテンの選び方

和室

和室に合うオーダーカーテンとなると、単純に和風柄を考えがちですが、あまり和風柄にこだわらない方が良いでしょう。和風とも洋風とも言えない癖のない柄から選ぶと、失敗がありません。

また、カーテン生地に関しては、和室の畳が日光で変色することを軽減する目的で、ある程度は遮光性のある生地を選ぶのも、理にかなった選択になります。レースでも、裏面にアルミ加工を施して、日光を反射して透過光を軽減するタイプのものもあります。

和室では昔から巻き上げる「すだれ(御簾)」を用いることがありましたから、趣向を変えて、すだれをイメージするロールスクリーンを使う手もあります。

カーテンを折り畳みながら上げ下げするメカニズムのローマンシェードがありますが、これも和室に合う場合があります。ローマンシェードには多くの種類がありますが、折り畳むタイプのものは、外見が障子に似たところがあり、和室の窓にも意外に合いますので、検討することをお薦めします。

まとめ

以上紹介しましたように、部屋によってカーテンの選ぶ基準が変わって来るわけですが、一般的なカーテンで言える選択のコツを最後に付け加えることにしましょう。

それは、カーテン生地の素材に関してのことで、もし、素材の選択で悩むことがあるとしたら、ポリエステルを選ぶと失敗が少ないことです。ポリエステルは、水による伸び縮みが少なく、家庭で水洗いできるものが多く使い勝手のよいカーテン素材です。

ページTOPへ