HOME » カーテンの基礎知識 » 機能性カーテンをご紹介いたします

機能性カーテンをご紹介いたします

新しい住まいで生活を始めるときや、より快適な暮らしする為には、カーテン選びは重要です。

機能性カーテンを使用すると他のカーテンとは異なる住環境を作り出すことができるでしょう。

様々な機能性が付与されたカーテンがありますが、オーダーカーテンを注文すると自分の好みのカーテンを作ることができます。

機能性の意味と違いをよく理解してどのように住まいで使えるのかを考えてみましょう。

遮光カーテンとは

チェアとカーテン

オーダーカーテンとしてよく注文されているものに遮光カーテンがあります。通常のカーテンよりも光が通りにくくなるように素材の種類や厚さ、加工法などを工夫して開発されているものです。

遮光率によって99.99%以上は1級、99.80%以上99.99未満は2級、99.40%以上99.80%未満は3級という形で分類されています。

外が明るいとよく眠れないということはありますが、その対策として役に立つのが遮光カーテンです。睡眠の質が低下してしまっている人が多いのが現代社会であり、熟睡できていないかもしれないという人は利用を検討してみると良いでしょう。

朝になった事に気づくように3級程度のものを使用しておくのが無難です。

また、昼間でも部屋を暗くして映画を観たいというようなニーズにも応えてくれるでしょう。この場合には十分に暗くできるように1級のカーテンを選ぶと効果的です。

目的に応じてどの程度の遮光ができたら良いかを考えて選ぶのが大切になります。

遮熱カーテンとは

窓とカーテン

遮熱カーテンは太陽光によってもたらされる熱を遮る機能を付与してあるカーテンです。

遮熱カーテンは単純に熱を伝わりにくくする断熱とは違う効果を持っているものだということには注意しましょう。太陽光に含まれている赤外線や遠赤外線といった物を温める効果がある光を遮断する効果があるのが遮熱カーテンです。省エネの観点からオーダーカーテンとしても人気になっています。

遮熱カーテンを付けることで夏の暑い日差しによって家の中が暖まってしまうのを防ぐことができて冷房効率を高めることが可能です。

薄手のレースのカーテンを遮熱性にすることで、家の中が暗くならずに家の中を暖まりにくくするという活用方法が一般的でしょう。

強い西日をカットしたいというときには厚手のカーテンを使うと、遮熱性も高く、眩しさも緩和されるので良い選択肢の一つです。カーボンヒーターなどを利用している場合には冬の暖房効果を外に逃さない工夫にもなります。

防音(遮音)カーテンとは

リビングとカーテン

騒音に悩まされない安息のできる空間が欲しいというときに役に立つのが防音(遮音)カーテンです。外からの騒音や雑音などを減弱させる方法として、音を遮断するか音を吸収するという方法で対処できるように素材や加工方法が工夫されています。

カーテンの種類によって得意とする音の周波数などが異なるので、どのような雑音を減らしたいかに応じて選ぶことが大切になります。

オーダーカーテンとして頻繁に利用されるようになってきているのは外からの物音が気にかかるような都会化が進んでいる影響が大きいでしょう。

一戸建てやマンションの低い階層に住んでいる場合には人通りがあると声が気になり、車が通ると走行音やサイレンなどが気にかかってしまうかもしれません。窓を覆うようにしてカーテンをかけておくだけで騒音を緩和して快適性を高めることができるでしょう。

また、隣人の楽器やテレビの音が窓から入ってくるのを防ぐという目的でも使用することができます。

防災カーテンとは

ベッドルーム

オーダーカーテンとしてしばしば利用されるようになったのが防災カーテンです。防炎カーテンとも呼ばれるカーテンで、平たく言えば燃えないように後から加工が施されています。

高層マンションに住んでいる場合にはこのカーテンを付けることが義務化されているため、消防法によって認められた防炎性があるものについては日本防炎協会による認定マークがついているので確認しましょう。

オーダーカーテンの場合には消防法の指示にしたがって防災カーテンを作って欲しいと伝えれば対応してもらえます。防災カーテンは様々なカーテンに対して後から加工を行うことで制作できるため、オーダーカーテンを作るときのオプションとして選ぶこともよくあります。

火事になったときに燃え上がってしまわないようにするのが主な目的です。ガスコンロや石油ストーブなどの火の元が多い家庭で万が一のときのリスク回避のために利用されていることも多くなっています。

まとめ

このように様々な機能性を持っているカーテンが開発されて気軽に使用できるようになっています。

どのような住まいを作り上げたいかという希望に応じてどの機能が必要かを取捨選択しましょう。

オーダーカーテンを注文しようと決めたらショップに行って相談してみるのも良い方法です。親身になって相談にのってくれるショップを見つけ出すことができると、望んでいるような住環境を作り上げるのに適したカーテンを提案してくれるでしょう。

ページTOPへ