失敗しないオーダーカーテン通販NAVI » カーテンの基礎知識 » インテリアとのコーディネート術

インテリアとのコーディネート術

インテリアのセンスを高めるオーダーカーテンのコーディネート術を紹介。部屋の基本の配色方法、家具とカーテンの色の決め方、色の効果など。

オーダーカーテンと家具の基本のコーディネート法

よりお部屋の雰囲気にマッチしたカーテンを選ぶためには、知っておくと便利なのがインテリアのカラーコーディネート術です。まず最初に部屋の基本の配色バランスをチェックしてみましょう。

理想的な部屋の配色バランス
●ベースカラー(基調色):70%
床や壁紙、天井など、部屋の基本となる色。
●メインカラー(協調色):25%
ソファや家具、カーテンなど、部屋の雰囲気を決めるメインの色。
●アクセントカラー(強調色):5%
クッションや小物などに使う差し色。ベースやメインカラーとは違うタイプのハッキリとした色を使うことで、空間が引き締まっておしゃれ度がアップする。

この中でも、部屋の雰囲気を決める重要な役割をしているのが、カーテン、ソファ、家具の3つのカラー。よりセンスの良いインテリアにするには、これらの色を出したいテーマにぴたりと合わせることが大切になってきます。

例えば、新居のテーマを北欧系にしてイメージカラーを「茶、水色、ピンク」にした場合…

家具→木製(茶)、ソファ→水色のファブリックソファ、カーテン→ピンク×水色×茶の北欧系プリントなどにすると、お部屋全体に統一感が生まれて、より魅力的なインテリアに仕上がりますよ。

家具とカーテンの色の決め方

新居のテーマや大まかなカラーが決まったら、次に実際の配色を決めていきます。実はこの配色の仕方によっても、お部屋の雰囲気は大きく変わってくるもの。家具とカーテンの色の決め方には、主に次の3つの方法があります。

同色配色
画像引用元:びっくりカーテン公式HP
http://www.bicklycurtain.com/?pid
=74159631

同色配色

誰でもカンタンに統一感を出せるのが、部屋の中にある一番大きな家具とカーテンを同じ色にする方法。リビングならソファやラグと、寝室ならベッドカバーとカーテンを同色にすればOK。小物の色も選びやすくなり、部屋に安定感が生まれます。

 
カーテンのカラーコーディネート参考画像
画像引用元:クーカン公式HP
http://www.cucannetshop.jp/fs
/cucan/sunfw-100-135

同系配色

部屋の中にある家具やファブリック類を同じ系統の色でまとめる方法。ソファが茶なら、ラグはベージュ、カーテンはアイボリーなど。同系色で濃淡を付けることで、適度なメリハリができて居心地の良さがアップ。

 
おしゃれに見えるカーテンの色選び
画像引用元:クーカン公式HP
http://www.cucannetshop.jp/fs
/cucan/boldd-100-135

対比配色

補色と呼ばれる色相環の真逆の色を組み合わせた方法。互いの色を引き立てることでぱきっとしたメリハリが出て、元気かつおしゃれな印象を与えてくれます。派手過ぎるなと感じる場合は、パステルトーンから選ぶとやさしい楽しさが演出できる。

 

やっぱりカーテンは直感で選びたい!色の効果もチェック

家具とのコーディネートも大切だけど、やっぱりカーテンはビビッと来た色を選びたいものですよね。下記にそれぞれの色が持つ効果もまとめたので、こちらも良かったら参考にしてみて下さい。

ベージュ・生成り…ナチュラルカラーを代表とする色で、どんなテイストにも馴染んで、家具の色を引き立ててくれる。リビングのカーテンにも人気NO,1ですが、地味だなと感じる場合は、ゴールドの刺繍が入ったものなどを選ぶとベスト。

グリーン…木々や草花を連想させ、心に癒しを与えてくれる。心身の疲労回復や集中力をアップする効果も。リビングや寝室、書斎にもおすすめ。

ブルー…爽やかで凛とした印象があり、集中力を高めてくれるカラー。空をイメージさせる水色は部屋をより明るく、ネイビーは部屋をシャープに見せてくれる。

赤・ピンク…心をいきいきと元気づけたり、パッションを高めてくれるのが赤。ピンクは可愛らしい印象があり、優しい気持ちにしたり女子力を高めるのにぴったり。

オレンジ・イエロー…幸せの象徴と言われるのが黄色。オレンジは、フレッシュで若々しくはつらつとした印象を与える。どちらも元気が出るカラーなので、リビングやダイニング、子供部屋にも人気。

グレー…モダンでクールな雰囲気を演出する大人の定番カラー。実はどんなテイストにもなじむ色で、グレー×パステルピンクでポップ調に、木製家具と組み合わせてナチュラルになど、組み合わせ次第で楽しみ方は自由自在。

ページTOPへ